ダイエット後にリバウンドしないblog

ダイエット後リバウンドしないためにやったこと

子供の頃からぽっちゃり体型で、小学校高学年くらいの頃から自分の体型を気にするようになりました。
学校である健康診断の2?3日前だけほとんど食べずに急激に3キロくらい減らすようなダイエットをしてその後体重は戻るだけでなく増えてしまうことの繰り返しでした。

 

気付けば高校生の頃には身長146cmに対して体重は54kgと誰が見ても太った人になっていました。
さすがにこのままではダメだと思い本気でダイエットをすることを決心したのですが、今までのような方法では結果は出ないと焦らないダイエットを始めました。

 

それは、夜だけ炭水化物を摂らないという方法です。

 

この方法だと急激に体重が減ることはなく、緩やかに落ちて行きます。

 

そのため食事量を減らした状態にも徐々に慣れて来てダイエットを長く続けられるのです。
確かに始めたばかりの頃はおかずだけ食べるのは物足りなくて満足感がなくつい間食してしまいそうになりましたが、3日も続けると白米がなくても大丈夫になり、お腹もいっぱいになります。

 

体がその食事量に慣れてしまうとダイエット前のように食べたいと思うこともなくなるのです。
そして体重も1ヶ月後くらいに停滞期はあるもののゆっくりですが着実に落ちて行き、私の場合1年で10kg減量しました。

 

 

長い期間継続して落としたためリバウンドしない体になることが出来、それ以来15年間ダイエット後の体重をしっかり維持しています。
どうしてもすぐに結果を求めてしまいがちですが、確実にダイエットを成功させるには諦めずに続けることが大切だと思います。